台風19号と気圧アプリ

台風がぐんぐん近づいてきています。

 

自治体の緊急速報メールも何度か鳴っていて、リアルな危機感がましてきました。正直恐いです。

備蓄品の確認や、災害状況を逐一チェックしています。

 

…というと、テキパキ動いてそうですが、実際は、ただ横たわってスマホいじっているようにしか見えません。。。

 

半端ない気圧の急低下によって、副交感神経がどんどん活発になってきて、とにかく眠いです。だる重いです。

耳をグリグリ動かしたり、カフェイン取ったりして対抗してます。

 

最近、気圧による頭痛アプリをスマホに入れました。

⬇️

 

app.dcm-gate.com

 

「どうにも眠い」とか「理由がないのにだる重い」というのが、やっぱり低気圧とバッチリ連動しているなー。。と、自分のことながら感心しちゃいました。

 

知ったからって、どうにかなるわけではないんですが、それでも

 

「頑張んなきゃいけないのに 、どうしてこんなに今日、怠け者なんだ私」

とか

「昨日あんなによく寝て今日に備えたのに、全然ダメだ」

 

と絶望したりとか、そういう理由なきモヤモヤと罪悪感に対して、

 

「気圧が低くて副交感神経が活発になりすぎてるからだ」

「私のせいじゃない!気圧(と体質)のせい」

 

と自分のなかでエクスキューズできるようになった(笑)のがちょっと嬉しくて、ささやかなことですが気持ちが救われます。

 

でも、本当に当たるんですよ。

天気がよくてカラッと高気圧のときは、本当に元気で、活動的にできるのです。

なのに、天気が悪くなると空の色と同じようにどよーんとしてしまう。

だから、気分屋さんに思われてしまうことも多いです。

 

同じように、PMSなどのホルモンのバランスに生活を左右されたり、色々なことで心と体のバランスを整えるのって、意外と生きていて難しいですよね。

 

結構、そういうので悩んでいるひとも多いと思います。

 

人間、そういう不調やバランスの波を、どうも、「治そう」「癒そう」みたいな方向に行きがちですが、私から言わせれば、

 

「そういう波を、本人が好きなだけ放っておける社会になってほしいな」

 

と思います。

 

そもそも不調って、戦うものでも治すものでもなく、「整ってない状態」のだから、「整う」まで待つもの、と個人的には思うんです。

 

治して、癒して、「やるべきことをする」世界にまた放り込まれるより、好きなだけグターっとして、落ち着いた場所で心身の声を聞き、また本人が立ち上がるまで、待ってくれる世界であればいいのに、と。

 

これだけ便利な世の中になっているのに、そういうゆったり待つ余裕のない世界が残念だし、そんな世界をこれから渡っていく子供達に、はたして私ができることって何かな、とか考えたりします。

 

甘いですかね。

うちの猫をみていると、やっぱり余裕のある生活って良いなと思います(笑)。

 

どうかみなさん、台風にはお気をつけてお過ごしください。