3月になりました。

3月になりましたね!あっという間!

 

最近は、すごく久しぶりに小説を読むことに没頭していました。

小説を読むとやっぱり落ち着きます。

今読んでいるのはミランダジュライ「最初の悪い男」です。

長編小説なので、じっくり時間をかけて少しずつ読んでいます。

 

 

 

小説のよい悪いとかは全然わからないんですが、私が個人的に「良い小説だなあ」と感じる作品は、読んだあと、ほんの少し、

「世の中、私のような人間が生きていても良いのかもしれない」

と思える小説です。

 

ジャンルや、結末がハッピーエンドか否か、明るいか暗いかとかはバラバラでも、そう思える小説が良い小説だと思っています。

 

あと、本当に個人的ですが、現在同じ時代を生きている作家さんの作品を読むことにもビミョーなこだわりがあって、その作家さんが、作品を発表するごとに、なんらかの進化やチャレンジをしているのを追っていくのが好きです。

 

そういう意味で、今もずっと追っているのは絲山秋子さん。

最初の頃より、難解な小説を描くようになってきています。

 

「ついてこれない読者はいらない」

とでもいうような、作家の覚悟と、その走り抜けていく小気味良い姿を追いながら、

「読者も、ついていくなら精進せねば」

と思わせてくれます。

同時代で、この作家の作品をリアルタイムで読んでいられる幸せを感じています。

 

 

最近、「夢も見ずに眠った。」という新刊を出されました。

 

 

未読です。

じりじり「読みたい」熱を放置させて、よい頃合いで読みたいと思います。