オリブ油のクレンジングパックで毛穴ケア

オリブ油のクレンジングにハマり中

オリブ油。

レトロです。

名前も、見かけも。

 

もともと、乾燥肌の夫が冬の保湿ケアとして絶賛していて、冬になるとオリブ油をリピート買いしている我が家。

 

最近、私もオリブ油にようやく興味を持ちはじめ(基本はニベア党なので)、試しにクレンジングの毛穴ケアにオリブ油を取り入れたところ、なかなか良い感じ。

ものはためし。

食わず嫌いせずに、いろいろ試してみるのって、大事かも。

40代を目前に、固くなりつつあるチャレンジ精神ですが(これが良いと決めたらもう他が入る余地がないとことか)、もっと柔軟にチャレンジしても良いかもしれない。。

 

そもそもオリブ油ってなあに

オリブ油って、まあオリーブ油のことなんですが、日本薬局方で軟膏基剤として定められている名称。添付文書の効能の欄には、皮膚、粘膜の保護という記載があります。

 

医療用医薬品 : オリブ油

軟膏基剤なので、日局方のオリブ油は食用ではありません。スーパーで売っている食品油のオリーブオイルとは違います。

第3類医薬品のため、ネットでも購入可能。ドラッグストアでも売ってます。(売ってないとこは見たことない)

100mlで528円。やすい。

 

 

 オリブ油のクレンジング方法

  1. メイク落とししたあとに、手のひらの500円硬貨大ほどのオリブ油を手に取り、ちょっと手のひらで温める
  2. 人肌に温めたオリブ油を、手の指を使ってくるくると顔につける。
  3. 毛穴の気になる小鼻やあごはちょっと念入りにくるくるする。

 

さらにおすすめしたいのが、そのままお風呂に入り、オリブ油をつけたまま湯船の中で温まること。(時間がない人はそのままお湯で洗い流して終了でOK)

 

いわゆる「オリブ油パック」です。

これをしてから洗い流すと、毛穴がツルツルになる上に、肌がすごくもっちりするんですよね。

 

しぼみ始めたアラフォーの肌に、このオリブ油蒸し(料理みたい)で仕上がる「てかてかもっちり具合」がちょうど良く、結構やみつきになります。

 

欲張って、下地や、体にも、、と思ったのですが、朝に顔につけたり、体にしっかりつけると、ギトギトになって光るので、それはやめました。。(超乾燥肌の人には良いと思う)

普通肌の人なら、夜のケアのみ、特に毛穴のクレンジングケアにおすすめ。

 

我が家で異彩を放つ巨大なオリブ油のボトル

そういうわけで、我が家は500ml入りのでっかいオリブ油があるのですが。。

とにかくでっかい。

存在感が。。

ミニマル化が進む我が家では、異彩を放つ大きさです。

f:id:yasumin00:20190104173201j:plain

これを、無印の小分けボトルにつめかえて家族で共有中。

 

子供のオムツかぶれや、寝る前にガサガサほっぺ守りたい!というときに使ったりと、色々便利。

 

ちなみに、傷口に塗ってもしみにくいのがオリブ油の良いところ。

手荒れのとき、なんのハンドクリーム塗っても痛いんだよ!助けて!

というときの、応急処置としてもおすすめ。