年末年始の家族の過ごし方

年末年始が近づいてきました。

クリスマス、おおみそか、お正月。

家族でどうやって過ごそうか?とようやく考え始めました。(遅すぎる)。

 

毎年、モットーは「お金を使わず、楽しくゆるく過ごす!」です。

 

年末年始、家族の誰かが、風邪やらノロやらで体調不良の人が多い我が家。

そんな事情で、年末年始は帰省とか旅行とかの「遠出」はしないスタイルが、結婚当初から続いていて、「それがスタンダード」といつのまにかなっています。これがなんとも、ちょうど良い。

 

もともと独身時代から、寒いなかマスクをつけて、わざわざ混雑する年末の新幹線にぎゅうぎゅうに乗って移動するのが苦痛で仕方なく、まして今度は家族単位でそんなことするなんて、、、と思っていたので、年末年始に大移動しなくてすむだけで、12月の心の負担がぐっと軽くなります。

 

そういうわけで、クリスマスはチキンの丸焼きを手作りして食べ、大みそかはすき焼きを食べて紅白を見てダラダラし、お正月はデパートで買ったおせち(洋風か中華)を食べ、丸もちに白味噌の関西風お雑煮を食べ(夫の実家風)、近くの神社へお参り、近くの公園で子供達とストライダーで遊ぶ、というのがだいたいの過ごし方。

 

残りの冬休みは、夫婦それぞれ1人ずつ、自分だけのお楽しみの時間を持ち、単独で映画鑑賞しにいったり、デパートでウィンドーショッピングしたり、本屋で好きなだけ本を物色したり、カフェでまったりしたり、といったひとりの自由時間でリフレッシュをはかります。(その間、片方は子供達とお出かけしたり遊びに行ったり)

 

ほとんど半径1キロ内での過ごし方ですが、楽だしゆっくりリフレッシュできるし、結構気に入ってます。

 

でも、もうちょっとちゃんとしたほうが良いのかしら?とも思ったりしますが、

いや〜

一年間、育児に仕事に夫婦でゼーゼー言いながら頑張ってきたんだから、年末年始くらい、誰にも気兼ねなくだらだらしてもバチは当たらんじゃ?と開き直ってます。

 

それにしても、お正月の東京は、本当に人が少ない。びっくりするほど。

そんなスカスカな「まだ動いていない」街を見るのが好きで。そんな空間で

「また一年、頑張ろう」

と思うのが、なんとなく私らしい一年の始まりなのかなと感じています。

 

まあでも、そのうち子供がもう少し大きくなったら、ハワイの年越しとかもベタに憧れますが、まだまだそんな余裕は(状況的にも金銭的にも)全然ないので、このエコノミックな年末年始スタイルでしばらくいこうと思ってます。