【乳児湿疹】安い保湿剤でも高い保湿剤でも、結局同じだった

我が家の長男は、産まれたときから乳児湿疹があり、一年中、お腹まわりや腕、足(冬場になぜか悪化する)に赤い炎症がまだらにある状態でした。

 

初めての子だったので、最初の頃は、すごく色々悩みました。

良いと言われている保湿剤をかたっぱしから試したし、皮膚科にも通って時々はステロイドも使ってました。(夫はステロイドに良い顔しなかったけど)

 

保湿剤に関しては、本当に色々試しました。一日中保湿剤のこと考えてましたよ。。

「スペシャルな保湿成分がはいっているのはこの製品のみ」とか

「刺激性が低いもの云々」

とか、宣伝に乗せられてさまざまな高い保湿剤、買いました。

 

私は薬剤師なのに、頭に入っている化学知識はどこへやら、良いとネットに書いてあったら安易にその情報にすぐにとびつく、、ということをくりかえして。

 

まあ、実際にしばらく色々試してみて、最後は、

どれを使っても別に変わらないよ、、、うん、、、

という心境(境地)になり、いちばん安い、ビオレのうるおいミルク(469円也)使ってました。。冬場の乾燥時期だけ、それにベビーワセリン(激安)混ぜて。

 

でも、そうしたら、徐々に治っていったんですよね。

4才の今、湿疹はもうすっかりないです。(冬場だけちょっと出るけど)

結果的には、うるおいミルク使って、治ったってことに(一応)なります。

 

べつに、うるおいミルクが超良かったよ!ていう話じゃなくて、何がしかの別の保湿剤使っていても、たぶん同じ時期に治ったんじゃないかな、と思うのです。

高い保湿剤使おうと、安かろうと。

 

皮膚科の医師が言っていました。

「難治性の乳児湿疹、というケースもあるけれど、一般的な乳児湿疹は基本的には、いつか必ず落ち着きます。ただ、治る時期が読めないというだけ。保湿剤使おうと、使わまいと、悪化するときはするし、治るときは治る。」て。

 

私も今ふりかえって、何となくそう思います。

 

この前、ちょっとネットで、「乳児湿疹 保湿剤」で調べてたら、わんさか色々なページがでてきて、一通り読んでみました。

 

以前なら、それらをチェックして、良さそうな保湿剤の製品があったら、すぐ購入していたと思うんですが、今見てみると、それらのほとんどがアフィリエイト関連の商品なんですよね。

親切そうなふりをして、良い保湿剤をランキング形式で発表しているんだけど、それらがすべて広告につながっている。今見るとよくわかる。

 

同業者である薬剤師でも、薬剤師ということを売りにして、そういう乳児湿疹に効く保湿剤のランキングサイトを作って、アフィリエイト 関連の保湿剤だけをずらり並べているのを見て、なんだか悲しくなりました。

 

もっと安くて良い保湿剤だっていっぱいあるのに。

 

知識のある人間が、高いアフィリエイト報酬のある保湿剤を、さも「専門家から見ても効果のお墨付き!」みたいに紹介して、悩んでるひとにクリックさせて購入させて、自分は広告収入を得る、て、どうなの。て。(もちろん、紹介している保湿剤がインチキとは言わないけど)

(そもそも、その人が本当に専門家なのかは分からない。専門家を騙って保湿剤のランキングするとか、結構リスキーな気がするけど)

その、画期的だとおすすめしている〇〇という成分、マジで論文レベルで保湿力に有意差報告されてるのか?根拠は?とか色々と思うところはあります。

 

なんとなく、洋服とか化粧品売るのと、本当に肌に悩み抱えて困っているひとに保湿剤

売るのは、訳が違うんじゃないかな、と思ったんです。

 

まあ、保湿剤でさんざん出費してしまったから、そんなこと考えてしまいました。

とりあえず、保湿剤で迷ったら、皮膚科でヒルドイドとかの保湿剤を出してもらうのが一番確実かなと個人的には思います。