久しぶりにお母さん、ヒール履いてみた

11月もあっというまに半ばです。

近所の葉っぱもいよいよ色づいてきました。

 

ちょっと前まで何してたかというと、ちょっと地獄へ寄り道してました。

現在もまだちょっと道半ばなので、もう少し落ち着いたらそのことについても書きたいです。

大丈夫、そこまで深刻な話ではありません、時々陥る育児ストレスの大きな波が来ていた、という類の(いつも私がする)話です。

 

それはそうと、秋の装いが全然決まらない、という話を以前書きましたが、
www.yasumin00.com

 

このまえ、ふと心の奥底から

 

「そうだ。私はヒールを履きたいのだ」

 

との思いがふつふつ湧いてきて、靴棚の奥からヒールのショートブーツを引っ張り出し、吸い込まれるように履きました。

 

ヒールは7センチ。

ヒールに慣れている人にとっては、そこまでの高さではないですが、私はドキドキしました。

でも、久しぶりに履いてみて、とっても感動してしまいました。

 

すっかり忘れていた、ヒールの世界。

背が高くなった。

視界が変わった。

なんてことない服装が、すらっと見えた。(注自分比)

背筋がしゃんとした。

 

そのまま、子供と公園遊びにいきました。

砂場に、私のヒールの穴がたくさんできて、猛反省しました。

(もうヒールで砂場には入りません)

 

でも、本当に楽しかった。

 

私、まだヒールを履けるんだな、

と再確認できたことが、なんだか本当に嬉しかったのです。

 

綺麗な服も、汚れるから着る意味ないよね、みたいにここ数年思っていましたが、別に着てもいいじゃん、と、ヒールを履けた日からなんとなく思えるようになりました。

 

いま、ひそかに狙っているワンピースがこれ。

f:id:yasumin00:20181123205218j:plain

 

いいよね。

べつにアラフォーだけど、丈長いし、いいよね。

これで公園遊びに行っても良いよね、と思っています。

 

やっぱり、装うこと、それを想像することって元気がもらえて素敵ですね。