【幼稚園】秋の行事はだれのもの

秋まっさかりですね。

秋、大好き。

近所の街路樹が黄色くなり始めると、見るだけでわくわくしてしまいます。

気づくと、金木犀の香りも終わりかけ。

季節が移ろうのは本当に早い。

朝晩の寒さに、きゅっと体が引き締まるようになりました。

f:id:yasumin00:20181019141708j:plain

 

幼稚園ママ1年生の、今年。

秋の行事の多さにたまげています。

運動会、芋掘り、遠足、バザー、募金活動、芸術鑑賞。。。。

そして今月末は。。!

そうです。ハロウィン。

世の中、ここまでハロウィンという仮装イベントが市民権を得て、クリスマスに勝るとも劣らないビッグイベントになっていること、うすうす気づいてはいましたが、まさか、ここまでとは。。。!

ハロウィンにかける、お母さんたちの熱量の高さにいささか戸惑っています。

(コスプレ好きな国民性は、やはりハロウィンの仮装とも非常に相性が良いのでしょうか)

小さな子を持っている家庭は否応なく巻き込まれる(言葉が悪いよ!)行事なんですね。

 

そういうわけで、当の子供は、それなりに楽しかったり大変だったりしながらも、一山一山乗り超えている印象はあります。(ハロウィンどうしよう)

でも、私、幼稚園時代は暗黒期で、行事がとにかく大っ嫌いだったなあ。。

おひなさまの人形を作ったり、みんなで歌を歌ったり、手作りのメダル作ったりするのが本当に嫌いで。

そのもの自体が嫌いっていうよりも、強制的にみんな一斉にやらされて、足並み合わせて終わらせる、ていう雰囲気がダメだった。

一人で黙々と、好きなペースでやれるなら、多分楽しかったと思うのだけど。

 

これだけ行事が多くて、疲れないのかな?(もちろん私はとっくに疲れている)と我が子が心配になりますが、いまのところ、基本的には楽しそうに取り組んでいます。

 

そう思っていたら、夜にちょっとぐずったり、妹に意地悪したりしてイライラした様子が見受けられ。

私に怒られると、たまりかねたように

「ぼくだって、幼稚園で、いそがしい。やることが、いっぱいある。だから疲れてるんだ」

というんですよね。

幼稚園児なりに、色々思うことがあり、ストレスもやはりたまっていた模様。

なんだか、その言葉を聞いて逆に安心しました。

 

頑張れ、というよりは、そのつど自分の感情を言葉に出せるよう、成長していってほしい、と思いました。

そのためには、親の私も、子供が口を閉ざすような環境や受け答えをしないようにしないと気をつけないといけないのかも。(それが難しい)

 

とりあえず週末まで来ました。

「思う存分のんびりできるよ」と伝えようと思います。