最近心がけていること

10月になりました。

暑い日もあれば涼しい日もあり、衣替えをいつして良いものか悩みます。

でも、洋服は相当数を絞ってきているので、クローゼットにオールシーズンの服を吊るしていても大丈夫そうではあるので、衣替えといっても

「今年はヒートテック何枚買うか」とかそういうレベルに今年はなりそうです。

ものがないって素晴らしい!

f:id:yasumin00:20181004122027j:plain

 

涼しくなってくると、人間、いろいろ前向きになろうとします。

最近、もっぱらの関心ごとは「どうしたら疲れなく過ごせるか」なんですが、

疲れを少なくするために

  • 睡眠時間を1時間増やす
  • 鉄剤を飲む
  • 寝る前にストレッチをする

などを心がけ始めました。

 いつまで続くかはわからないですが、今のところ、この3つを心がけて1週間。以前よりも、体が確実に楽になりました。

 

この3つのどれが効いているのかはわかりませんが良い手応えを感じているので、しばらく続けていきたいなと考えています。

 

話は変わりますが、私の義理のお母さん、遠方に住んでいるので会う頻度は低いのですが、とても含蓄のあることをさらっと言うお母さんなのです。

 

この前の帰省時に、一番私の中でヒットした「お義母さんトーク」は、

「お稽古事とかあるでしょ。普通の主婦だったのに、先生まで上り詰めちゃう人って、どういう人だと思う?」

「センスのある人ですかね?」

「違う違う!図々しい人よ。パワーがあってガンガン行けちゃう人。例えば、お稽古事のお師匠さんのところに通い詰めて、勝手にお弟子さんみたいになっちゃう人」

 

という話。どういう会話からだったかそんな話になって、私は心の中で大受けしました。

いや、ほんとその通りだと思うのです。

私がもう少し若かったら、

「そんなことない。センスの良い人、才能ある人が伸びていくに決まってる」

とムキになった気もするのですが、ちょうどその頃、私も

「もしかしたら、世の中そういうことかな」

と思い始めていた時期だったので、お義母さんの言葉はすごくタイムリーにはまりました。

パワーのある人って、良いですよね。

年齢を重ねると、よりパワーのある人が眩しく見えます。

 

私としては「パワーがある」まではいかずとも、なんとかこうにか、疲れにくい40代になれたらいいな、としみじみ思っています。