寝かせ玄米にチャレンジ

なぜか、梅雨時期の季節って、やたらと「健康に良いもの」に手を出したがる不思議な季節です。

体がムズムズして、

「とにかく!いま!巷で健康だと言われているものに手を出したいのだ!」という欲求が抑えられなくなるんですよね。

ということで、はじめてみました。

「寝かせ玄米」

ちょっとブームは過ぎ去った感はなきにしもあらずですが。。。

 

うちにたまたま、消費されずに残っていた玄米と、小豆があったので「よし!」と思い切って作ってみました。


f:id:yasumin00:20180612111441j:image

寝かせ玄米って、なんだか難しそうと思っていましたが、腰をあげて取り組んだら、拍子抜けするほどとても簡単でした。

ご飯を炊飯器で炊くことができる人なら、多分誰でも作れます。

kawashima-ya.jp

 

要は、玄米と小豆と塩を一緒に炊飯器で炊いて、48時間でも72時間でもずーっと炊飯器で保温状態にしていれば、酵素が増えるよ!ということらしいです。

 

でも、炊き上がりから小豆の良い匂いがして、とても美味しくいただけます。


f:id:yasumin00:20180612111312j:image

保温後72時間もたたずに、家族でペロリと食べてしまうので、時間経過による味の変化がいまいちわからないんですが、時間が置くと、玄米がどんどん小豆色にこっくり変化して、少し味に奥行きがでるかな(テキトー)。

 

ちなみに、ずっと保温状態なので、いつでも好きなときに(レンジでチンしたり急いで炊いたりせず)ご飯がいただけるのは、かなり便利だと気づきました。

 

子供にお腹がすいたと言われたら、その場でさっと温かい寝かせ玄米でおにぎりを作ってだせますし。

朝も、保温しっぱなしの寝かせ玄米があると、あとはぬか漬けとかと一緒に出せばいっぱしの朝食のできあがり。

色々便利です。

ちなみに、寝かせ玄米で炊飯器を使っている間は、白米は鍋で炊いてます。(鍋で炊く方が早くて美味しい)