行きつけの美容院を変えるタイミングに思いを馳せる

美容院を変えることについての面白いヤフー記事を見つけて、ついでにヤフコメ欄も拝見していたら、結構みなさん、長年通った美容院を鞍替えした経験をお持ちなんですね。

 

私も、長年通っていた美容院を、30代に入って変えたことがありました。

突然パタリと来なくなると担当の美容師さんも心配するかな?と思い、3ヶ月間隔のカットを、4ヶ月、半年、、と間隔を伸ばしてゆるゆると距離を取っていきましたが、最後まで正直に担当美容師さんに「お店変えます」とは言えませんでした。(当たり前か)

f:id:yasumin00:20180405142858j:plain

 

そして、ネットや雑誌などで探して良さげな美容師さんを新しく見つけ、そのまま数年通い続けて現在に至ります。

 

意識して変えた点は、

  • 職場に近い美容室→自宅に近い美容室
  • イケイケの男性美容師さん→同世代の落ち着いた雰囲気の女性美容師さん
  • 大規模店→小規模店

です。

うん、30代になって、美容院に「落ち着き」を求めているのがよくわかるセレクトですね(笑)。

 

もうね、ガンガン音楽がかかっていて、シャンプー時の若い男性アシスタントがハイテンションで、売れっ子担当美容師さんが、ほかのお客さんをかけもちしながら忙しい隙間に髪を切ってくれる、という慌ただしさが、おばちゃんしんどくてね。。。。

今はビルにひっそりある落ち着いた美容室で、のんびり半目でうつらうつらしながら色々やってもらってます。

 

ときどき、前の担当美容師さんお元気かしら?と思い出すことがあります。

前の美容師さんはとてもカットが上手だったので、時々ふらりと戻りたくなる気持ちもあるのですが、鞍替えした罪悪感から、とてもじゃないけどのこのこ店に顔なんて出せない気持ちです(裏切り者的な?)

 

年を経ると同じ世代の女性に髪をおまかせするほうが楽だな、と思うことがあります。

 

今の担当の女性美容師さんも同じ年の子がいる新米ママで、お互いの育児状況や抜け毛、白髪などのマイナートラブルについても同じ感覚でお話しできるのが良いです。

 

前の担当美容師さんは意識が高く、お手入れをサボっていたり頭皮が荒れていると色々熱血指導を受け、それがちょっとしんどくて、徐々に距離を取っていった経緯もありました。

 

今の美容師さんは、そこらへんは優しいので、助かります。

ちなみに、美容室に行く頻度は現在4ヶ月〜半年、下手すると1年に1回ペース(産後とかね)。

 

久しぶりすぎると、ちょっと気まずかったりもするので、あれですね、せめて半年に1回は顔を出しておくべきと自戒しています。(どんだけ髪放置なの!)

 

 

コミュ障なので、美容院はネット予約でいつも助かってます。。(電話は緊張する)

ホットペッパービューティー

 

 

 

 

(こういう髪型がしたい。爽やかだけど女らしい。 ) ↓