【不覚にもあれこれ思い出す】映画「グレイテスト・ショーマン」鑑賞してきました

 映画館へ行くのいつ以来だろう。。。

たしか前に映画館に観に行ったのは「ラ・ラ・ランド」だったから、約1年ぶりくらいですね。

 

先に「グレイテスト・ショーマン」観てきた夫が、

「面白かったから映画館で観たほうがいいよ」

と勧めてくれたので、夫の帰りが早かった昨夜、自転車走らせて(雨でしたが)レイトショー観にいきました。

 

movies.yahoo.co.jp

 

ヒューグランドを観るのは、「レ・ミゼラブル」以来。相変わらずお歌がお上手でした。ダンスもキレキレでした。

 

私の好きなミシェル・ウィリアムズも出ていました。

(ミシェル・ウィリアムズは、「ブルーバレンタイン」とか「テイク・ディスワルツ」とか、女子力高い役が多く可愛いらしいイメージでしたが、すっかり貫禄ある女優さんになりましたね。調べたら同世代。私もミシェルも年をとりますわね、そりゃ。。。)

 

ハリウッド感あふれる、キラキラしていて歌とダンスにとても素敵な映画でした。(なにこのあっさりした感想!)あと、個人的にはゼンディヤの魅力にやられました。アメリカンアイドルだと勝手に思っていたのですが、本格的に女優さんでした。

f:id:yasumin00:20180309093029j:plain

 

観たあとはるんるんで自転車漕いで家に帰りました♫

f:id:yasumin00:20180308234728j:plain

 

昔、私はかなりのこじらせ女子だったので、

 「映画たるもの知の結集であらねばならぬ」

 みたいなワケのわからない理屈をこねて、ゴダールとかフェリーニとかの映画を借りて一人暮らしのアパートの床で体育すわりしながら観ている(内容を理解しているかは不明)ような子でした。

 

それだけでは飽き足らず、自分で8ミリフィルムで映画を撮るところにまで手を出したりしていました。

当然、男子にはまったくモテませんでした。

 

「映画にいやに詳しく、こだわりがある」というのはモテない女子の典型かと思います。(もちろん、私の個人的な体験です)

 

社会人になってから、それを痛感しました。

婚活しようと意気込んで合コンに行くと、

 「趣味は映画です」と自己紹介で答える男性陣が必ずいます。

 

「へえ、好きな映画は」(どの程度の映画の知識か教えてもらおうじゃないか)

「レオンです」

 「へえ」

 

みたいな。

(注:レオンはいい映画です)

ええ。可愛くないですね。

 

でも、最近は、とにかく映画は楽しく観られるものが好きです。

 

家事に育児に疲れているので、テーマが重かったり小難しい映画はあまり気が進まない感じです。日常の淡々とした風景を切り取る系のものも、まあ、映画館じゃなくていいかな。。。と思ってしまいます。

 

せっかく1800円払って観に行くのであれば、

ゴージャスで、キラキラしていて、楽しい気持ちで盛り上がれる!そんな非日常な映画が良いです。

 

以前はまったく関心なかったスパイ映画も、最近は俄然楽しくて好きになってきました。

今回映画館で予告編で流れていたのですが、ジェニファー・ローレンス主演の「レッド・スパロー」面白そうで、観たいな〜と思っています。

(ジェニファー・ローレンスてとても魅力的な女優さんですよね)

 

www.foxmovies-jp.com

 

 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ