夜にスパークする物欲【魔のネットショッピング】

物欲のある時期とない時期の差が結構はっきりあり、

 

ここ最近はずっと落ち着いていたのですが、

雪の日あたりを境にそんな物欲が、徐々に暴れ始めそうな予感がしてきました。

 

なんで雪の日かというと、

 

手袋買わなきゃ

分厚いニットも必要かも

服を分厚くするなら財布はすっきりした小さいものにしなきゃね

長靴も買い換えようかな

ついでに口紅も買いたいな(ついででもなんでもない)

 

ど、普段の気候と違うことで「日頃とちょっとちがう仕様しなきゃ」という大義名分ができて

マイルールが緩み、その隙間から全然違う欲求もここぞとばかりにひょいと顔を出す感じです。

f:id:yasumin00:20180125224801j:plain

 

人間の欲求て、やっぱり自制しないとどんどん増殖してくんですかね。

そうやって進化して生き延びてきた生物だから、DNAレベルでしょうがないんでしょうか。

 

話はちょっとそれますが、私は専業主婦として、外的な収入のない経験を30代の時期に経験することができて本当に良かったと思っています。

いままでの私は、ちょっとの欲求でも本当にすぐに買ってました。普段の動作はのろいくせに、買い物だけは暴力的なほど即決即断でした。

 

でも働かなくなったことで、初めて使うお金について注意を払う(というか自覚を持つ)ようになり、「ものをもつこと」に真剣に向き合うようになれた気がします。

 

中途半端に働き続けていたら、いつまで経ってもそこに真剣に向き合うことはなかった気がします。

 

専業主婦時代はまだほんの数年(二人目妊娠時から)、まだまだひよっこですが、日々本当に修行だと思っています。

(専業という言葉の重みを勝手に感じています。)

 

ある意味特殊状況下(外貨を獲得することはないが年中無休で家事や子育てに励み、世間様的には楽だとかうらやましいとか言われることもあり、精神的な逃げ場があまりない)

のなかで、様々なことを感じ考え、

社会に思いをめぐらせ、子育てや家事から政治、世界情勢、ITの進化やスピードにこれほどまで敏感になった時期は、いままで私の人生にはありませんでした。

 

しゃにむに資格の勉強していたり、しゃにむに会社で働いていた時には、そこまで考え及ぶことはありませんでした。

 

今の経験は、楽しいこともしんどいことも含めて、ぜんぶものすごい糧になっている気がします。

 

 で、物欲のはなしです。

 

夜のネットショッピングは、みなさんご存知のように、ただただ「魔物」です。

 

夜中にネットを見てなにかの商品に心を奪われると

「この品物を買えば、すべてのことが解決する」

と本気で思うあの不思議。なぜ夜限定で、そういう激しい思考回路に陥るのか謎ですが、だから夜は面白くて好きで、なかなか夜型がやめられません。

 

どうしても気持ちの収まりがつかないときには、カートに入れるところまでは許します(え、許すの?)。が、注文クリックだけは絶対に押さぬよう我慢。(いわゆるエア買いですね)

 

そして翌朝

「なんでこんなもん買おうとしたの?バカなの?」

とひとりブツブツ言いながら全部削除します。

 

本当アホなことばかりしています。ま、そこまで含めてちょっとしたストレス解消なのかもしれませんね。(またテキトー)

 

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ