はりきって口角を上げていこうと思います

 我が家には猫が1匹いるのですが、猫って、どんなときも口角がきゅっとあがっている動物なんですね。

 

おすまししているときも、寝ているときも、怒ってシャーと言っているときも、やっぱり口角がきゅっとあがっているのが、見ていてなんともキュートです。

 

キュートになりたいわけではないんですが(まあ、なれたらもちろん嬉しいですが)

 

最近、パソコンで家族写真を整理していたら、無防備時に撮られた自分の顔が、まったく生気がなくてびっくりしました。

無表情を通り越して、なにかの石像みたいでした。

 f:id:yasumin00:20180102164026j:plain

 

それにショックを受けたのと、あと最近、なにか顔のアンチエイジングケアをしたいと考え始めていたところで、

ふと

「口角をあげれば一挙に解消されるのでは」と思いました。

 

 

そういえば、今をときめくアラフォーアラフィフの星、石田ゆり子さんも

「口角をあげていると老けない」

みたいなことを言っていたし!(たしかにいつも口角だけ上がってますよね!)

 

タダでできる、しかも思いついたときになんの苦労もなくすぐできる!

 

と思い、さっそくやってみたのですが、

 

口角上げる、て、慣れていないと、案外難しいですね。

 

すごく不自然で変な顔になります。

 

それなりに顔の筋力使うみたいで、慣れてないと疲れます。アンチエイジング効果、ありそうな気がしてきます。

 

思った以上に負荷があるので、やり始めて定着できたら、結構色々変わってくるんではとちょっと期待してしまいます。(あらポジティブ!)

 

「笑うかどには福きたる」

 

とはよく言ったもので、たしかに口元が真一文字だったり、不満げに下がっていると、それだけで福を逃してしまいそうな雰囲気あります。

 

どうせ同じぼんやりするなら、口角上がっているほうがいい気がしますしね。

 

そう思って、テレビを見ていると、やっぱり見られることを職業にしている人たちって、いつ何時も抜かりなく口角上げていることに気づきました(いまさら?)。

 

 

自意識過剰になる必要はありませんが、

 

普通に生活していくなかでも、ちょっと姿勢をよくしたり、口角さがっていないように気をつけたりとか、人の目を少しだけ意識して生活することって、自分のメンテナンスのためにも大事なのかもなあと思いました。

 

口角上げ、練習していこうと思います。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村