【予約法説明】ローザー洋菓子店のクッキーは電話予約がマスト!

お菓子の中でも特に大好きなのがクッキー。

この前、ちょっとした副業(?)というか臨時収入があったので、自分のために100パーセント使ってやる!と思い、何を買ったかというと、、、

 

ローザー洋菓子店のクッキーです。

麹町にある老舗のクッキー屋さんなんですが、伊藤まさこさんのインスタグラムを見ていてこのクッキーが登場し、

なんだ!とてつもなく美味そうだ!!!!

と一目惚れ。

丁寧な手作りクッキー、そしてなんとも素敵な青い缶。

 

絶対絶対食べたい!

と思い、ネットで調べて、予約の電話をかけました。

 

お店で店頭販売もあるにはあるそうなんですが、あっという間になくなってしまうので、ローザー洋菓子店で確実にクッキーを手に入れる場合には電話予約が必須とのこと。上京するに合わせて予約注文する人も多いそう。

 

電話はすぐにつながり、気さくな女性が対応してくれました。

ちょうど7日後に、上の子を一時保育に預けられるのでその日にしようかな、と思ったのですが、7日後の予約分はすでに完売!とのこと。なので、12日後の予約を取りました。15時にはお店が閉まってしまうので、15時前にはきてくださいね、とのこと。

 

クッキー缶のサイズは4種類大きさがあるのですが、私は大きい方から2番目の大きさのものにしました。

金額についても確認して、電話を切りました。(バターの価格が上昇して、値上がりしたとのこと。4千円超え!)

電話はすぐにつながったし、人気店にありがちな威圧的な雰囲気もなく無事に予約を取ることができました。

 

お待ちかねの当日、地下鉄を乗り継いで半蔵門駅に到着、開店直後のお店へ!

開店直後だったので、缶入りではなく袋詰めのクッキーならその場でまだ購入できるようでした。

 f:id:yasumin00:20171129172731j:image

 家に帰っていそいそと包みを解いて、ああ、眼福。。。。

 

こんな丁寧に作られているクッキー、一気ぐいしてはダメだと、コーヒーをいれて、一つ一つありがたく味わっていただきました。

帰宅した夫にも、一気ぐいは禁止と通達。

 

バターの風味が香り高く、本当においしかったです。

クッキー缶も可愛すぎるので、大事にとってあります。

センスがないので、まだ、活用できてませんが、これはミニマリスト志望でも捨てられない。。

 

クッキーて、日持ちがするのがいいですね。

ちょこちょこと、毎日幸せをつまむことができます。

 

またちょっとしたお小遣いができたら、自分のために買って、ちょこちょこ食いがしたいです。ああ美味しかった。。。

 

 

伊藤まさこさんのくいしんぼうの本が好き。 しあわせな気分になるよね♡

        ↓