順天堂医院での無痛分娩 出産費用【明細公開】

出産費用について。

 入院料 291,180円

 室料差額(個室代) 165,300円

 分娩料 634,140円(無痛分娩加算150,000円含む)

 産科医療補償制度 16,000円

 検査薬剤料 52,400円

 処置手当料 1,680円

 その他 5,580円

 

計…1,166,280円!

 

 …セレブかよ!

 一般庶民の私がこんな出産して良いのか。

 ここから出産育児一時金として42万円助成があるので、

 自腹は、74万ちょっと。。。。。。。。。。。。

 

   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 個室代、16万が痛いですね。。途中から部屋変わるのもなんだし、そのまま同じ部屋でいいですと言ってしまったのが甘かったです。今、考えると。。

 無痛分娩加算の15万は、24時間体制の無痛を行なっている施設なので妥当な値段だと思っています。

 

 ちなみに、順天堂はお姫様扱いは皆無です。部屋も、病院食も、質素です。

でも、高度な医療を24時間体制で提供してくれる。

 その値段です。そうだそうだ!自分を納得させています。

 結果的に、痛みも少なく、安全に赤ちゃんを産めました。

 これ以上のことはないです。

 

 ちなみに、自腹分は、当初想定していたように独身時代に貯めた自分の貯金をいくらか当てました。

 

 

最後に

 

 「もし、次に出産することがあったら順天堂医院で無痛分娩にする?」

 

 と自分に問うた時、

答えは。。。

 

「お金(自分の貯金)があったら、する」

 です。

 

あの痛みの少ないお産を経験してしまったら、やっぱり、次も、痛みの少ないお産をしたいと私は、私は、思います!

 

 

 

 *妊娠線対策は、妊娠初期からをおススメ。お腹が大きくなる前から保湿をまめにするのがキモ!(経験談)

「でも、1日に何回もクリーム塗るの面倒だ。。」という人は、保湿力が持続するタイプの妊娠線専用のクリーム使うのが手っ取り早いです。

 

「24時間持続保湿」というのに惹かれて(単純)、【アロベビー フォーマム 妊娠線クリーム】使ってました。楽に保湿できて助かりました。。

  ↓

 

 

 

(あと、今度もし出産するときは、こういう本を産前に夫にも読ませたい!

産後に知って「ああ〜!読ませればよかったぁ」と後悔)

      ↓ 

       

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本 (講談社+α新書)